黒ひよの【空手ことはじめ】その12

剛柔流は、宮城長順(みやぎ ちょうじゅん)によって始められ
た流派です。
聞くところによりますと、剛柔流は「耐える」ことに重きをおい
ているそうです。
打撃を避ける、あるいは受けるのではなく、打たれ強いことを
重視しているのだそうです。

宮城長順は、1888年(明治21)年、沖縄県那覇市に生まれました。
14歳で東恩納寛量の弟子となり、厳しい修行に耐えたそうです。
そして師匠の命により、1915年、中国福建省に修行の旅に出ます。
そこでは、中国拳法を修得するだけではあきたらず、古い文献
にもあたり、研究を積んだそうです。

帰国後は、那覇手と中国拳法である鳴鶴拳をもとに、さらに徹底
した研究を行います。
その成果は、独特の呼吸法を用いた息吹の使い方、空手修得
のための予備運動法、補助運動法など合理的かつ科学的な分野に
までおよんでいます。
この研究にみずからの発想を取り入れて、剛柔流は生み出された
のです。

剛柔流の名は、中国の古文献「武備誌」にある、拳之大要八句の
なかの「法剛柔呑吐」より命名したといわれています。

宮城長順が没したのは、1953年(昭和28年)10月のことでした。
「拳聖」と呼ばれた一生でした。

宮城長順がどんな修行をし、どれだけ熱心に研究をしていただろうか、
と思います。
タイムマシンに乗って、「拳聖」の活躍ぶりを見てみたい、そんな
気持ちがするのです。

スポンサーリンク



コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

当サイトについて

当サイトは、空道大道塾ビジネスマンクラスの親睦のために設置されています。
総本部が中心となって運営していますが、他支部、他流の方も歓迎します。ただしコメントの際は実名でのご記入をお願い致します。(例:東孝@総本部)
それでは、レッツ!ビジネスマン空道。押忍!

スポンサーリンク

大道塾関連出版物

最近の記事

  1. 2017.05.31

    2017.5.6の稽古
  2. 2017.05.25

    2017.4.22の稽古
  3. 2017.05.16

    2017.4.29の稽古
  4. 2017.05.01

    2017.4.15の稽古
  5. 2017.04.29

    2017.4.8の稽古

最近のコメント

アーカイブ

サイト内検索