髭(ひげ)失格

生物だと思ったそれは、しばらくしてもピクリとも動かなかった。  恐る恐る手を伸ばし、ヒロは ...

髭(ひげ)失格

精霊たちに導かれるまま、開いた門に足を踏み入れたヒロの脳裏に突然、過去の記憶が飛び込んでき ...

髭(ひげ)失格

「お客さん、着きましたよ。」 運転手の声で目が覚めた。 泥沼にはまって足が抜け出せないよう ...

髭(ひげ)失格

そうだ、ここは間違いなく札幌の郊外。昔、訪れたことがあるような、それでいて別の場所のような ...

髭(ひげ)失格

私はひたすら歩き続けた。なぜこんなことになったのか考えていた。私は理解していた。すべての事 ...

髭(ひげ)失格

 冷たい水滴の顔面に弾けるのを感じて、私は正気をとり戻した。鈍い重みを感じて頭を振ってみた ...

髭(ひげ)失格

髭失格 序 我々は今ここに一篇の叙事詩を献上するものである。 それは鐘楼からたなびく音色の ...