本日の稽古(4月16日(月)2部。指導:清水先輩)

 参加者は府中支部より出稽古に来られた茶帯の先輩(女性でテコンドー経験者とのこと)および門間の2名。
 稽古メニューは次の通り(おおよそ、とご理解ください。書き漏らしているものもあります)

1.準備運動
2.基本稽古(その後休憩)
3.対人稽古
・ジャブに対する反応(パリー)
・ワンツーに対する反応(パリー)
・ジャブに対する反応(ジャブや前蹴りなどの反撃あり)
・ワンツーに対する反応(同上)
・ローに対する反応(すね受け)

 その後、ローに対する反応として軸足蹴り、タックル、間合いに入って相手を押す、を練習。
★「軸足蹴り」のポイント:相手の軸足の膝の内側(鍛えても筋肉のつかない部分)を足親指の付け根あたりでヒット。すねで蹴ると、時間がかかりすぎる。
★「タックル」のポイント:相手がローを戻している動きに合わせてタックルを入れること。
★「相手を押す」ときのポイント:蹴り足の肩から胸の辺りを押すことで、相手が体幹を回転させることを防ぐ。私は道場の真ん中で踏ん張って受けるよう指示されましたが、清水先輩に壁際まで吹っ飛ばされました。

4.マススパー
 しばし休憩の後、スーパーセーフをつけてのマススパーに移行(3人でラウンド。1回60秒で数回)
・手技限定から足技こみに
★清水先輩より、私は極真ルールの悪い癖があるのでしっかり直すようにとのこと。先日出席した木曜一部の稽古でスーパーセーフの上からパコパコ打たれていたので自覚はしていたが、清水先輩によれば「門間さんは、顔面ルールに慣れた人のカモっすよ」。私はカモです…。
 茶帯の先輩は多彩な足技(脚を下ろすことなく、途中で軌道を変えて連打してくる)で私を翻弄したり、時にパンチでパコーン、パコーンと打ってくれたり。こちらは必死にくらいつくという感じだが、どうしても力んでしまうので清水先輩に注意される。

★私の悪い点
①顔面の間合いになっていない、
②パンチを出す際に力みすぎで打つタイミングがばれる、
③ストレートを出す際やガードの際、わきが空いている。
④パンチのときに体幹が回っていない、など。

 矯正法としては、頭で体の動かし方を考えながらやっても、力が入ってうまくできないので、反復して身体に覚えさせるようにとのこと。がんばります。

5.ミット練習
 休憩後、清水先輩にパンチミットを持っていただいて、茶帯の先輩と交互に打たせてもらう(1回90秒で数回)。タイムキーパーはその間サンドバッグを打つ。

 17時45分終了。3人でストレッチしながら、歓談。
 その後は道場訓唱和と掃除。
 
 なお、稽古の合間に清水先輩より、以下のような注意がありました。
・たとえ手技限定のマススパーのときでも、蹴りに対する意識が必要。(相手にその意識が足りないときは、たとえ限定スパーであってもローを出して注意を促すこと)
・スーパーセーフがあるから安易にジャブを顔に受けがちになるが、実戦だったらその一発を食らえば終わり。安易にパンチを食らわないように心がけること。
 
 本日もありがたく、おいしい稽古でした。押忍!

スポンサーリンク



コメント

HTMLタグはご利用いただけません。

当サイトについて

当サイトは、空道大道塾ビジネスマンクラスの親睦のために設置されています。
総本部が中心となって運営していますが、他支部、他流の方も歓迎します。ただしコメントの際は実名でのご記入をお願い致します。(例:東孝@総本部)
それでは、レッツ!ビジネスマン空道。押忍!

スポンサーリンク

大道塾関連出版物

最近の記事

  1. 2017.05.31

    2017.5.6の稽古
  2. 2017.05.25

    2017.4.22の稽古
  3. 2017.05.16

    2017.4.29の稽古
  4. 2017.05.01

    2017.4.15の稽古
  5. 2017.04.29

    2017.4.8の稽古

最近のコメント

アーカイブ

サイト内検索