人身売買

伊東大地の捌き達人日記

う~ん。

人身売買の実態は学生時代から知っていたつもりだったが、

今はかなり巧妙になっていて、そして大変危険な状況になっている。

幼児売買においては深刻な世界問題になっている。

経済が生み出すこれらの惨劇に解決の糸口はあるのだろうか。

売る奴がいて、買う奴が存在する。

いや、買う奴がいるから、売る奴が出てくる。

奴隷制度が存在した時から月日が経ち、

奴隷解放が実現されたものの、未だに奴隷と同じ思いをしている

人々が世の中には沢山居るのだ。

特に幼児においては生き地獄の極みだ。

倫理的・人道的に許容する奴なんて存在しないだろうが

世を生き抜く為には我が子をも売りさばく奴が居るのも事実。

綺麗事を述べるつもりはない。

ただ、これら生き地獄を強いられている人々に言葉が見つからない。

言葉を探そうとすると、実に陳腐な言葉になる。

所詮、他人事発言になるからだ。

自分が売られることを想像してみろ!

己に値段がつくことを想像してみろ!

借金の肩代わりで身売りされている人が増えているそうだ。

外国に売られる人も多いらしい。

実態がなかなか見えにくいようだが現実に存在する。

人身売買。

想像してみて欲しい。