黒ひよの【空手ことはじめ】その1

2015年2月16日

押忍、黒ひよです。

1号よりバトンタッチされまして、今日から2週間14回にわたって記事
を書いていこうと思っております。
なにとぞよろしくお願いいたします。

文章硬いです。
ガチガチです。
はい、緊張してます(^^;

これから書こうとしているのは。。。
【空手ことはじめ】
であります。

あぁ、大きく出てしまいました(滝汗)

ことの発端は、3週間ほど前、とあるウェブサイトでこんな書き込みを見た
ことにあります。

「テコンドーなんて空手のパクリじゃん」(原文ママ)

これを読んですぐに思ったのは、空手もそもそもは中国から取り入れたもの
でしょ?ということでした。
他の武道だって、さまざまな格闘技から技術を導入しているはずですし、そ
れがまた、その武道の進化や深まりになるはずです。

どのみちこの文章の前後には、韓国の文化や政治を悪しざまに言う文がありま
したから、つまらない国粋主義とでもいいましょうか、なんともとるに足りな
いものでした。
けれどもそれとはまったく別に、中国から渡来してきたという空手・唐手がどうい
うふうに渡来してきたのか俄然気になってきました。

それでちょっと調べてみたのです。
そうしたら。。。
これがめっぽう面白いのです。
ですので、これからどのように伝播してきたのかをお伝えするとともに、
古き良き「手」や「唐手」との邂逅をご提供できればと思っております。

明日より本格的に始めようと考えています。
どうぞ2週間おつきあいください。
よろしくお願いいたします。