マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) ごじゆうなな

空道の為のウェイトトレーニング

投稿者:鈴村勝次総本部

マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) ごじゆうなな

さぷりめんと?ぱーとつう

空道では、3分間の間、無酸素および有酸素運動の繰り返しとなり、この両系統のエネルギーシステムが必要となります。
また、空道における有酸素運動とは、時間的には短いが、非常に強度が高く、あと一歩で無酸素となる場合が多い。
このことを考えると、無酸素システムのエネルギーシステムのエネルギー補給が、非常に重要となるという結論に達する。
実は、先に書いたATP-CP系を使いATPを再合成させるのが、一番効率がよい。
なぜかというと、スピードが速い点・糖質は有酸素でも使うので、温存しておきたい点・後もう一点、非常に重要な理由として、乳酸を出さないということです。
前にも書いたと思うのですが、筋肉の疲労させる最大の原因が、乳酸であることがわかっているので、できるだけ発生させたくないのは当然と言えるでしょう。
ここで問題となるのは、筋肉中に貯蔵しているクレアチンの量が少ないということなんだ。
これを補うのが。サプリメントでいうクレアチンパウダー(ウォーターもあるがコスト的に高い)です。
え! じゃあ食事でとればいいじゃあないて??
クレアチンはアミノ酸の一種で、生の魚や肉の中にごく少量しか含有されてなく(熱を加えると壊れる)、人体で作り出せるものでもないので、食事で取るのは非常に困難な栄養素であると思ってほしい。
これで、筋肉中のクレアチンの量が多いほど、空道には有利ということがお解かりいただいたと思う。
ただし、時間的持久力が伸びるわけではなく、質的持久力がアップすると言うことなのです。
つまり、再合成のときに約20%づつ落ちていくと考えるとして、10からスタートして、8・6・4と進んで行く流れが、筋肉中のクレアチンの量が多いと、12・10・8・6と流れて行き、パワーの温存が出来るという事となるのです。
つまり、再合成するエネルギーが、レギラーかハイオクかですね。
でも、すべてはまかなえない。
どどどどうしよう・・・・・
続きます。

なに? 羊よ!
オタクの繰り返しのエネルギー・システムはなにかってェ~
毎日、ビールと焼酎の繰り返しで~す!!
ということでBMC・BWCの皆様、おやすみなさいませ。  押忍!!

今日は、繰り返すのりで、ナタリー・コールのアンフォゲッタブルより
モナ・リザ / ペイパー・ムーン / ルート66 / ラヴ / スマイル / アンフォゲッタブル をチョイスで聴きながら・・・・

偉大なる父ナット・キング・コールのナンバーを、娘が繰り返して歌っている。 
若い時には、出来るだけ父との違いを出そうとしていたのだけど、ミドルの年令になったとき、肩の力を抜いて父のナンバーを歌ったら、非常にすばらしい仕上がりとなり、第34回グラミー賞7部門独占となった。
“ラヴ”などは、本命の彼女・彼氏とのスィートなひと時に、是非お聴きください。