マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) ごじゆうはち

空道の為のウェイトトレーニング

投稿者:鈴村勝次総本部

マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) ごじゆうはち

さぷりめんと?ぱーとすりい

ATP-CP系は非常によいエネルギーシステムなのですが、いかんせん備蓄出来る量が少ないのが欠点ですね。
となると、足りない分は、乳酸系でまかなうこととなる。
有酸素運動にも利用するので、体内のグリコーゲン量は、多いほうが有利という結論となり、試合前などに食事でためこんでいく方法がある。
これが一般的に言われるグリコーゲンローディング(=カーボローディング)です。
摂取したグリコーゲンは主に体の二ヶ所に蓄えられ、体重60Kgの人の場合筋肉中に約400g、肝臓に約60gと言われています。
例を上げると、試合5日から1週間前に、炭水化物を極端に制限した高脂肪・高タンパク食をとり、体内からグリコーゲンを消失させるようにし、その後2~3日間高炭水化物・低脂肪食に切り替えて、体内にグリコーゲンを貯蔵させる方法です。
ただし家族の中に、栄養士の資格をもっているとか、スポーツ栄養学を勉強したという方がいない限り、実行は困難だと思う。
また、体重が2kgぐらいは増えるので、階級ギリギリの方にはちょっとお勧めが出来ない。
えっ! じゃあどうすればいいの? マラソンほど有酸素運動のボリュームが要求されないので、試合の2日前ぐらいから当日終了まで、ザバスさんからだしているハイポトニックのグリコーゲン溶液をミネラルウォーターなどで割って、水分補給の時に利用すると便利です。
また当日のグリコーゲン緊急補充にはブドウ糖や砂糖などでも有効ですが、体脂肪分解を抑制してしまうので避けたほうがよいでしよう。
上記のサプリメント以外では、果糖、アルギニン、クエン酸などがお勧めです。
エッ! 有酸素系はどうするんだって?
それは3分だから、気合いと根性でなんとか・・・
BMCの中で一番気合いと根性のないオタクが、そんなことを言うととと・・・
今度のスパーの時に、10ラウンド以上やらせるぞ~ だって?
怖いからつづきます。

なに?羊よ! オタクはローディングをやったことがあるのかってェ~
ハハハハ!毎晩アルコールローディングをしています。
別名アル中でい!!

ということでBMC・BWCの皆様、おやすみなさいませ。 押忍!!今日は、よいエネルギーをとり入れるのりで、トッキーニョ・ライブ・アット・ブラバス・クラブ“86より
喜びの奴隷 / マイズ・ウン・アデウス / オルリのサンバ / カーニバルの朝 / オルフェのサンバ / 帰り道のサンバ をチョイスで聴きながら・・・・
渋谷プライムでナベサダさんがオーナー兼プロデューサーとなったイベントのライブなのだけれども、ナベサダさんがこの人のファンで、日本に呼んだ。
ブラジルのトップシンガー・ソング・ライター兼ギターリストの人で、あまり日本では知られていなかったのだけれども、曲はいいし、後半ナベサダさんとコラボでは、アコギのテクニックはベリーグーです。
ブラジル音楽が好きな方にはたまりませんよ!
ウ~ン! 最近おいらこっちの方も、マニアックじゃあないかと思ってきた。
へん! どうせ姓名判断でも手相でも、変わり者とでてるんでい! 
なにせ左手は一本線だしね。
てやんでい~ 変わり者が怖くて江戸っ子やってられるかってんだ~
大べらぼうめぇ~!
と思っていたら、さくらのママさんは両方とも一本線なんだ。
もう脱帽でんす。・・・・