10.1.30の稽古

先週の稽古

投稿者:松原隆一郎@総本部

15名ほどが参加。さほど寒くなく、結構汗をかきました。動けたせいかも。アメリカ人のレスラー・ボクサーであるブレッド君が再び参加されました。

・アップ、ストレッチ
・打ち込み、足入れを内から、外から
・ミット(単発/左ミドル・右ストレート・左ボディ・右ロー・推して膝/二分フリー)
・推して、押し返したら膝、下がったら前蹴り、止まったらミドル
・ジャブから、出てきたら膝、下がったら前蹴り、止まったらミドル
・パンチ連打で止めてからミドル
・出てくる相手にロシアン・フックから投げ
・グローブをつけて防御
・グローブスパー二分
・面スパー一分4本
・ダウン

 自主トレは打撃、みなで仲田さんを中心に四本ほどやりました。良い稽古になります。

 懇親会はさくらにて。新年会の反省をしました。意見は以下の通り。

・伊東夫人の気迫と美しいポージングに圧倒された。松田さんなど、まっさきにひれ伏していたことからも、ありがたさが分かる。毎年の年明けに「厄落とし」「健康祈願」等御利益のある行事として他の遊びの企画とは別水準の目玉演目とすべく、夫妻にお願いしたい

・佐野君の「川越の夜」も、ミュージカル仕立ての秀作・労作でした。ひと言電話しただけなのに、十倍に膨らませてもらい、楽しめました。来年はこの続きがいろいろ考えられますので、佐野君が大変なようでしたら作者を変えて続けたいと思います。しかし、畠君の生尻はいかがなものか。丸亀ママは気づいていなかったので、反則にはならなかったが。

・アズマニアクイズの、一年の飲み会でクエスチョンをためていけばいくらでも展開ができそうです。糸井さん・庵沢さんの司会も面白かった。恒例にしましょう。

・新年会というのに、懇談の時間のない充実ぶり。それも、誰一人隠し芸をやらない徹底ぶり。というか、芸は空道なので、出しようがなかったのでした。

・社会人が殴ったり蹴ったりしたあとに踏まれたりして無病息災を願うという奇習は、稀に見る健全な無形文化財として長く保存育成すべきと思われる