マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) にじゅなな

空道の為のウェイトトレーニング

投稿者:鈴村勝次総本部

マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) にじゅなな

りこんでぃしょにんぐぅ~ ぱあとつう~?

*第二段階
 受傷部位の痛みや晴れがおさまり、少しずつ動かせる段階  (最も長い期間・ 軽いもので数週間、重いものでは数ヶ月~半 年程度)。

—体力トレーニング—
①筋系
 受傷部位のトレーニングを開始するに当たっては、回復に合わ せて以下のようなステップを踏みます。

・まず静的=アイソメトリックトレーニングを行います。
 筋肉の長さを変えずに関節を動かすことなく力を発揮する方法  で、受傷部位の痛みが起きにくいのを特徴としています。パー トナーに負荷を加えてもらう徒手抵抗などは効率が良いでしょ う。

・次に動的=アイソトニックトレーニングに移行します。
 一般に運動の開始時が最も痛みが起きやすいのですが、チューブは運動の開始時は負荷が弱く、徐々に負荷が強くなって行くので、痛みが起きにくいので、始めはチューブトレーニングが良いでしょう。
 
・ウエイトを利用したアイソトニックトレーニングを開始しす。 徐々に段階を上げていきます。
 始めは動きを小さくパーシャルレンジで行い、慣れてきたら  徐々に稼動域一杯に動かすフルレンジに移行していきます。
 速度も初めは低速で行い、慣れてきたら徐々に速度を上げてい きます。
 初めは動員筋数の少ないアイソレート種目を行い、徐々に複合 関節のコンパウンド種目を取り入れていきます。

② 心肺系
 第一段階で行っていたトレーニングに加えて、徐々に受傷部位を参加させるようにします。
 下股を受傷している場合は、衝撃が少なく、安定している自転車から始めて、次に歩行運動を取り入れます。 この際、患部をかばわないフォームで歩ける速度で行うことが重要です。

③ 神経系
  技術練習を徐々に行うので、減らして行きます。

① 柔軟性
  安静にしている期間に低下した受傷部位周辺の柔軟性を回復  するために、受傷部位のストレッチングは、特に時間を取っ  て行います。

—技術練習—

イメージトレーニングは引き続き行いながら、実際に体を動かして技術練習を始めます。 5分単位で少しづつ時間を伸ばしていきます。
練習内容は、初心者のつもりで、突き・蹴りなど基本の動きを反復します。 ゆっくりと基本の動きを反復します。
ゆっくりと大きい動作から初めて、徐々に素早い動きへと切り替えていきます。
組手やミットなどは、つい無理をしてしまったり、受傷部位を打ったりすることもあるので、この段階ではまだ行わないほうが良いでしょう。

なに?羊よ! お前はちゃんとやっているのかって??・・・
毎週やってるよ!!
エ~! それは復帰じゃなくて・・・腹筋だぁ~・・・
ということとととと・・・
フゥ~ 本当にギャグが切れてきた。
まだ、ムチのようなパンチ・蹴りをだすトレーニングとか、投げ・グランドと打撃の筋力のちがいとか、ここまで書いたらライスの法則にも触れなければならないし、対極の筋トレメニューもあるし、書くネタはイッパイあるのだけれど・・どぼち~よぅ?ギャグなしでは、ツマラナイしィィィ・・・

たとえば弟から「お兄ちゃんガンバって~」とでも返信がくれば、

「なにい~!! ういいやつだ! ちこうよれ! チクビだけでなく おチン○ンも一緒にツネッテあげよう」
「あれぇ~ お代官様おおおゆるしおォ・・・」
「ウン~ン? 牢に入っている父親がどうなっても いいのかぁん~?」
「そんな、ご無体なァ! アッ! いやア~ン!!」
・・・・・・・・・・・・・・・・
「これで、プロテインを扱えるのは手前ども1軒だけでございますな。」
「フッフッフッ・・・ 大黒屋お前もワルじゃのう~」
「いえいえ、お代官様こそ・・フオフオフオフオオオ・・・」
「ウン! 何者だ!!  なお名乗れィ!!・・・」
「と・と・と・ウエイトトレーニングから生まれた 筋肉ザムライ ・・プァ!」
「貴様らの悪は、ポォ! 断じて許せぬ!!」
「天に代わって せいばいいたすゥ!!」
「え~い!ちょこざいな! 皆のもの曲者だァ~! 出会え・出会えィ~!」
「ふ・ふ・ふ・死にたいやつは、冥土の土産に、筋トレ流 秘剣ベンチプレス殺法 見せてくれるわぁ~!!」
チャンチャン バラリ チャン バラリィ~
「フ~ム! ・・・ ヌケサク! 空道の夜明けは近い!!!」 

などで2~3回はかせげるのだが?・・・

まあ、これを見ている人は少ないと思うのだけれど、パンチや蹴りが速くなったら土曜日に行った時にこっちもたまったもんじゃあないしなぁ~
もう、フェードアウトしかないな!!
・・・と言うことでBMC・BWCの皆様お休みなさいませ。 押忍!!
今日は、そろそろ復帰も見えてきて良くがんばったからご褒美だヨ~ンのりで
癒し系といえばソフト&メロー ベンソンもいいけれど、やはりアール・クルー・ベストより
キャプテン・カリブ / ドクター・マクンバ / 瞳のマジック / ハート・ストリング
を聞きながら・・・
アコーステックギターでここまで弾けるのはすごい!
音そのものがやわらかいので、心と体にしみる。 
バラードのときにタッピング・ハーモニクスなど、さりげなく高等テクニック入れるなど、仕事の疲れをワインなど飲みながら癒したい女性におすすめです・・