マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) さんじゅういち

空道の為のウェイトトレーニング

投稿者:鈴村勝次総本部

マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) さんじゅういち

らいすだけどごはんじゃないい~? ぱあとつう・・!!

フゥ~ム!・・・次は、もうお解かりになっていることが多いと思いますが、確認のため、アイシングに関する諸注意も、上げておきます。

*何で冷やすか?
アイシングに適しているのは氷です。 製氷機でできる氷の温度は0度で、すぐに溶けやすく、患部の熱を奪いやすいのに加え、皮膚えの刺激が少ないために理想的です。
しかし製氷機を置いてある試合場は少なく、家庭用の冷蔵庫やコンビニの氷を使うことになるわけですが、冷蔵庫の氷はマイナス5~6度と温度が低すぎるのが難点で、使う場合は少量の水を入れるようにします。
また水を袋に入れる際には空気が入っていると、空気は温度を伝えにくいので、熱を吸収する妨げとなります。 空気は氷を入れる際に、口で吸い出して抜きます。

*コールドスプレー・冷湿布
コールドスプレーは痛みの感覚を麻痺させる効果はあるものの、内部の組織まで冷やすことはできません。 無理に長時間続けると表面、皮膚の凍傷を起こしかねません。
また冷湿布には炎症を抑える効果はあるものの組織を冷やす効果は期待できません。
冷湿布の成分は温湿布とほとんどおなじで、貼ってしばらくは「冷たい感覚」はありますが、その後はむしろ血行を促進させるように働きます。

*アイスマッサージ
血液の循環を一時的に抑えてその反動で血行を促進させるために行うので、急性期には適しません。 安定期に入ってから行うようにします。

*凍傷
長時間RICEを行ったり、肌の弱い人が行うと、皮膚がやけどのような状態になることがあります。 初めてや肌の弱い人は、袋と皮膚の間に薄い布をおくようにします。
一般的にアイシングは20分以上行いますが、外気温の影響や個人差もありますので、始めは短めに行うと良いでしょう。 特に皮膚の弱い人は始めは10分程度行い、少しずつ感覚や皮膚の状態を見て時間を伸ばしていきます。

また後に試合があり、手首や足首など関節にまたがり稼動域がある受傷部位の場合は、バケツなどに氷水を作り、その中に受傷部位つけ感覚がなくなったら(10~15分程度)外に出し、受傷した方向へゆっくりと伸ばして行き、感覚がもどったらまた氷水につけることを3~4セット繰り返すアイスストレッチと言う方法がある。
ただしアイスストレッチが行えないほどの痛みがある場合には、すぐにドクターのところへ!
またその後試合がない場合は、アイシング後稼動域を完全に固定してください。

なに? 羊よ!
こんなことばかり考えていると、オタクの頭を冷やす必要があるんじゃないかてぇ~・・・・
いえいえ、いまオタクに必要なのはきれいなオネ~チャンとの愛シングです~!!
ということでBMC・BWCの皆様、おやすみなさいませ・・・ 押忍!!

今日は愛シングのりで、THE STYLI STICS ベストより
愛がすべて / 愛の試練 / 愛のとりこ / 愛の世界 / フロム・ザ・マウンテン を聞きながら・・・
フゥ~ム・・・まず知らないだろうな! ディスコのチークタイムでは、メリージェーンとともに必ずリクエストがあった。
もしあの時踊っていたカップルがちょっと早めに出来ちゃった結婚をし、その子供が空道をやるようになれば、なななんとぎりぎりBMCなんだ!
オタクとしてはコワイ話です!!!