マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) きゅうじゆうに

空道の為のウェイトトレーニング

投稿者:鈴村勝次総本部

マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) きゅうじゆうに

とうしつ?ぱーとつう

糖質を含む食品には、ご飯、パスタ、パン、もち、めん、サツマイモ、バナナなどがあります。
ただし同じ糖質であっても、消化されてからエネルギーに変わるまでの時間は様々です。
たとえば、フランスパンは食べてその日にエネルギーになりますが、ご飯は食べてから約2日後にエネルギーになります。
また糖質を摂取するときは、ビタミンB1も一緒に摂ると良いでしょう。
ビタミンB1は、糖質がエネルギーとして利用される時に、潤滑剤として作用します。
このように、他の栄養素とうまく組み合わせながら食べることで、より効果的にエネルギーを生み出します。

可食部100g当たりの糖質(g)を上げておきます。

・ もち(49.5) 235kcal
もちは食べてその日にエネルギーになる。
・ 食パン(44.4) 264kcal
・ フランスパン(54.8) 279kcal
糖質の中でも、素早くエネルギーに変わる食品の一つ。脂質は少ない。
・ パスタ(69.5) 378kcal
・ うどん(20.8) 105kcal
・ サツマイモ(66) 303kcal
・ 石焼き芋より乾燥芋のほうが糖質を多く含む。
・ マッシュポテト(76.2) 357kcal
・ あずき(40.9) 339kcal
赤飯ならば、茶碗1杯150gで約64gの糖質を摂ることが出来る。
・ カボチャ(17.2) 93kcal
ビタミンA・Eも豊富に含まれる。

よく朝食を抜く方がいらっしゃいますが、朝食を抜くと基礎代謝が上がらないばかりか、午前中の仕事や試合、練習などに集中力が欠け、みすや怪我をしやすくなります。
また糖質は、ビタミンB1を含む食品と合わせて食べるのが良いしょう。
「うどんと油揚げ」「ご飯と納豆」「パンと牛乳」「中華そばと五目野菜炒め」などの組み合わせがお勧めです。

なに?羊よ!オタクはいつも組み合わせを考えているかってェ~
ハイ! いつもビールとつまみの組み合わせを考えていますゥ~

ということで、BMC・BWCの皆様おやすみなさいませ。 押忍!!
本日は「パンを食う」パンくう・・・ハンク・ジョーンズ・トリオ・イン・ジャパンより、 ブルー・ルー / コットン・テイル / ザ・マン・アイ・ラブ / ヤードバード・スート / オン・グリーン・ドルフィン・ストリート をチョイスして聴きながら・・・・

鹿児島でのライブ盤なのだけれど、もちろんハンクもいいのだけれど、ベースのジョージ・デュビビエが最高!!
この人中々表に出てこないのだけれど、バッキングのラインはもう職人芸です。
ハンクとジョージの絶妙な組み合わせのライブを是非お楽しみください。