マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) にじゅうさん

空道の為のウェイトトレーニング

投稿者:鈴村勝次総本部

マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) にじゅうさん
まねあっくぅ~?

ぎいしぃ~ ・ ぎいしぃ~ ・ ぎいしぃ~
脳がやめろと言ってないている・・・・

きいい~ ・ きいい~ ・ きいい~
オタクが書けと言って騒いでいる・・・・

ぎいしぃ~ ・ ぎいしぃ~ ・ ぎいしぃ~
技も何もないオマエが書いていいのかと、本能がつぶやいている・・・・

きいい~ ・ きいい~ ・ きいい~
お宅が書かねば後悔すると、ささやいている・・・・

ぎいしぃ~ ・ ぎいしぃ~ ・ ぎいしぃ~
これを書いたら、みずからおけつを掘ることになるるるルルル・・・
もとい! 間違えた! 墓穴を掘ることになると叫んでる・・・

ウ~ン? やっぱりだめでしたね。 
今回は獏先生をまねてシリアスに書こうと思ったんですけど???
でも、本当に技もない不器用な自分が、書いてはいけないのだけれども、
一つの技を覚えて使えるようになるのには、どういうプロセスがあるのでしょうか?

「学」の語源は「真似る」だと言います。 
我々が当たり前のように行う「歩く」「話す」ことでさえ、親や周囲の大人を真似ることによって学習したのです。
この段階を分けると、次のようになります。

①認識季
 実際には体を動かさず、これから学習をする新しい技について の情報を、頭の中で得る期間です。
 お手本を繰り返し見ることで、主に視覚によって認識します。
 この時期必要なのは、正しいフォームを主に視覚によって把握 することです。
 まず、理想とする選手の動きをとらえた技術書やビデオを入手 したり、指導者や先輩の動きをしっかりと目(頭)に焼き付け ることです。
 頭の中に映像を焼き付けるコツは・・・
  ・ 動きを色々な角度から見る。
  ・ 動きを細かく分解して見る。
  ・ 足、腰、膝、などそれぞれの体の部位の動きに着目をする。
   ・ 誤ったホームと比較する。
などの視点から見ると良いでしょう。

②連合期
 お手本と同じ動きの実行と修正とをくりかえしながら、自分の 動きを少しづつお手本に近づけていく期間です。
 この時期で必要なのは、鏡を見ながらのシャドー・サンドバッ ク・ミット・技研などですね。
 また、どうもうまくまねられない? 体にうまく乗らない?  という現象がおきることがあります。
 これは、いつもの自分の動きと違う動きを要求され、俗に言う 体が動かない状況であることも、原因の一つと考えられます。
 このようなことがないようにするのが、主プライオメトリックスなどの、神経系のトレーニングです。

③自動期
 無意識に正しい動きが出来るようになる。 つまり、技が獲得 された時期です。
 この時期で必要なのは、実戦的なミットやマススパーなどですね。
フーム・・一つのパンチや蹴りを覚えるのに、こんなに手間がかかるのですねェ~・・

なに? 羊よ?
お前は、こんな所でオタクっている場合ではないのではないか?
もっと練習せんかァ~!!!!
ウッ!まずい・・・ これはみずからオケツを掘ったじゃなくって墓穴をほったァ~・・・・

ということでBMC・BWCの皆様おおおっとっとと・・・
また、3日のひな祭り大戦(昇段・昇級)をお受けになる皆様、羽鳥さん、高山君は、日ごろの稽古の成果を出して、ガンバってください! オタクは風が吹けば桶屋がもうかる?業界なので仕事です。
ではおやすみなさいませ。 押忍!!

本日は○○のりで~???
あれ~?確か思いついて曲をかけたはずだが・・・
書くネタはイッパイあるけど、ギャグ部門の枯渇でこの日記は終りだなァ~
気を取り直して、 CROSSOVER JAPAN‘03 ライブにて・高中正義with friendsより
WOOD CHOPPERS / READY TO FLY / 黒船 / BLUE LAGOON を流して聞きながら。
この人しらなぁ~い? という方でも、井上揚水と一緒にパイオニアのCMに出たヒゲ・サングラス・オールバックの人といえば見た方がいるんじゃあないかなぁ~ シーサイドミュージックにおすすめです。 隣にはビキニのオネェ~チャンががが・・空道をわすれそう・・・