9/23関東ビジネスマン支部対抗交流戦

先週の稽古

投稿者:松原隆一郎@総本部

 昨日は午後二時より、総本部にて関東ビジネスマン支部対抗交流戦を行いました。

 元々は体育館などを借りる予定でしたがうまく都合がつかず、一般の稽古生のみなさんは稽古ができなくなり、失礼いたしました。

 しかし大会の内容は大変よく、気迫溢れる試合が続くとともに試合後はみなさん笑顔で挨拶を交わしておられました。気持ちよい交流試合ができたと思います。

 この交流戦を開こうと思い立ったのにはいくつかの理由がありました。

・直接のきっかけは、吉祥寺支部の宇佐見さんが「仲田さんともう一度試合をしたい」と仰ったことでした。それを受けて本部に指導に来て下さった小野亮選手が「吉祥寺と本部とで対抗戦をやろう」と持ちかけてこられました。塾長にこの話をお伝えしたところ、「他の支部にも声をかけるように」との指示をいただき、交流戦という形をとることになりました。

・そうした中で振り返ってみますと、関東大会などの試合では、試合形式は整っているものの必ずしも力量や体格で同じ者同士が当たるわけではなく、決勝以外は1.5分の1ラウンドというように試合形式も決まっています。しかし空道をとくにビジネスマンクラスの中で楽しんでおられる方には、試合についてももっと多様な楽しみ方があるのではないかと思うようになり、私を調停役とさせていただいて、「支部対抗マッチ」「同じ力量・体力の方が当たるワンマッチ」「試合ごとにルールやラウンド数は合意して決める」「効果2以上の差がある場合のみ勝敗を判定する」「審判の判断で試合を止めることもある」などのやり方で試合を組んでみました。

・幸い、総本部A,B、浦和グループ、吉祥寺、綾瀬から団体として申し込みをいただき、さらに少人数で川崎・新宿・行徳からも参加していただいたのでこれを「連合軍」として、支部対抗の三試合を組むことができました。

 試合結果は以下の通りです。

***************
綾瀬 2対2 連合軍 主審・渡辺
江澤幸彦 240/35/3級 ○ ① 今田知宏・行 168/64/33/5級 × 2分+1.5分2R 寝技・投げなし
中村真己 246/34/4級 × ② 松田光亮・新 243/31/4級 ○ 1.5分1R 投げあり寝技なし
鈴木光伴 236/35/3級 ○ ③ 杉本秀陽・本 165/68/35/2級 × 1.5分1R 投げあり寝技なし
荒川直哉 247/38/1級 ④ 相原健一・吉 173/73/31/3級 2分2R 投げあり寝技なし
秋谷佳嗣 232/28/2級 ⑤ 高井健次・川 168/64/43 関東BS2位 1.5分1R 寝技も一回
青木文祥 251/42/初 × ⑥ 日高進・行 181/79/32/3級 ○ 2分2R 投げあり寝技なし

浦和G 0対0 総本部A 主審・高松
林 冬樹O 164/83/38/無 ⑦ 門間理良 175/67/41/7級 1.5分1R 基本ルール
真間修一U 177/66/46/1級 ⑧ 遠藤岳史 169/68/40/3級 1.5分1R 投げあり寝技なし
雨宮守正U 172/72/45/1級 05 BS顔あり二回戦 ⑨ 太田英利 168/81/35/2級 1.5分1R 寝技も一回
毛保 剛O 163/69/37/2級 00中部予選一回戦 ⑩ 中村雅春 167/73/44/ 初 1.5分1R 寝技も一回
賀川則夫O 170/68/45/2級 06BC中量級優勝 ⑪ 野々山一郎 173.5/74/48/初 同準優勝 1.5分1R 寝技も一回
渡辺慎二 ■ ⑫ 松原隆一郎 167/75/50/四 4分1R 寝技膝立ち連続 一本勝ち数

吉祥寺 1対1 総本部B 主審・高松
中野明 169/70/33/3 ⑬ 村上知丈 170/74/35 1.5分2R 投げあり寝技なし
穂苅宗一 172/79/40/1 ⑭ 畠学 174/78/32/4級 1.5分2R 寝技各一回あり
中野聡 172/61/44/初 ⑮ 松並亮治 162/67/40/初 06BS関東中量級優勝 2分2R 寝技各一回
崎山■ 170/80/33/初 ⑯ 伊東大地 171/82/34/初 06BS関東重量級優勝 2分2R 寝技各一回
合宿BS優勝
深草宏之 168/75/42/6 ○ ⑰ 酒井浩志 165/63/49/弐 × 2分2R 投げ寝技なし
宇佐見亮 176/68/46/初 × ⑱ 仲田豊穂 170/75/49/弐 ○ 2分2R 寝技各一回
志田淳 173/92/27 ⑲ 中野雅史 186/95/27/4級 3分2R 空道ルール
(無印は引き分け)
*****************
 結果的には三試合とも「引き分け」となり、また最終戦となった「宇佐美vs仲田」戦は大盛り上がりとなりました。試合後の宇佐見さんの晴れ晴れとした笑顔が大変印象的でした。

 試合後は塾長から飲み物のすべてを差し入れていただき、三階にて五時から九時まで五十人が参加するという大宴会を行いました。試合を肴に、楽しく歓談できました。

 この実験的な試合を実現するに当たっては、塾長と当日には観戦していただいた事務局長のみならず、審判をお務めいただいた加藤・渡辺・飯村・高松の各支部長、また選手を引き連れてこられた廣井支部長にも特段のご助力をいただきました。心より感謝いたします。

 試合内容としましては、綾瀬の青木さんと本部の酒井さんには級が下ということで体力差のある相手と試合をしていただきました。また吉祥寺の志田選手には本部の長身・中野雅史さんとチャレンジマッチを組んだのですが、本部のように狭いところでは体力のある者が圧倒的に有利である(壁に追い込んで攻撃できる)という結果になりました。今後は、本部道場では体力差のある試合は極力避けるべきだと思います。今回はそうした試合を受けて下さった帯上の方々には感謝いたします。

 本部などは吉祥寺の首相撲に苦戦したことなどで稽古の課題があると感じましたが、それぞれの選手も各自課題を発見されたことと思います。

 今後とも、機会を見てこうした試合を企画したいと思います。ご意見・ご要望がございましたら、ぜひお寄せ下さい。

 みなさん、大変お疲れ様でした!! 😀