マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) よんじゅうさん

空道の為のウェイトトレーニング

投稿者:鈴村勝次総本部

マッスル兄弟の日記(兄、ハードゲイでは無いほうです) よんじゅうさん

あどれなりん?

よくボクシングの世界戦でラウンドインターバルの時、カットマンとか言うおじさんが出て来て、切れた目の上や鼻の中に綿棒みたいなものでイングリモングリしているのを見たことがあると思いますが、あれはいったいなにをやっているのでしょうか?

*「こんな大事な時に血をだすなど悪いヤツだ!」とキズの中にカラシをすりこみながら罰ゲームをしている。
*綿の中に根性と書いて気合いを入れている。
*やっぱりキズにはオロナインをぬっている。
*とりあえずやることがないので人の顔で遊んでる。
などと色々と考えられるのですが、実をいうとアドレナリン溶液をぬっているのです。

アドレナリンとは副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また神経節や脳神経系における神経伝達物質でもありす。
分子式はC9H13NO3
ムムム・・・・ 何か難しいヤツだなあ? と思われるかもしれませんが、要は興奮した状態を作るホルモンと考えるとよいかもしれません。

つまり交感神経が興奮し動物が適から身を守る、あるいは獲物を捕食する必要にせまられるなどといった状態に相当するストレス応答を、全身の器官に引き起こし、すなわち闘争か逃走かのホルモンと呼ばれています。

①運動器官への血液供給増大を引き起こす反応
心筋収縮力の上昇
心、肝、骨格筋の血管拡張
皮膚・粘膜の血管収縮
消化管運動低下
②呼吸におけるガス交換効率の上昇を引き起こす反応
気管支平滑筋弛緩
③感覚器官の感度を上げる反応
瞳孔散大
上記の反応の内、皮膚・粘膜の血管収縮の働きを利用して止血しているのですね。

また日本ボクシングコミッション(JBC)が発行するブロボクシングルールブックによると、
第16章 服装 第58条の7
試合中リングサイドで使用が認められるものは、水・ワセリン・氷・アドレナリン1/1000溶液又はコミッションドクターにより許可された同一種類のもの・粘性テープ・ガーゼ・綿・綿棒・タオル・ハサミとなっており、カラシ・オロナインはなんと反則なんだ!!

カットマンはアドレナリン溶液にワセリンを混ぜたり独特のアイシング法などで、魔法のように血が止まるとのこと。
商売とはいえとってもマニアックな人たちだと思います。

なに?羊よ!
カットマンを呼んでくれてェ~?
この暗い日記を止めさせろォォォォ~!!・・・・
と言うことでBMC・BWCの皆様おやすみなさいませ・・・ 押忍!!

今日は魔法のりで サンタナ ライブ・バイ・リクエストより
ブラック・マジック・ウーマン / 僕のリズムを聞いとくれ / 哀愁のヨーロッパ / スムーズをチョイスで聞きながら

ブラック・マジック・ウーマンがオタクの中学時代だから、この人も長いね!
独特のチョーキングテクニックとラテンリズムで一世を風靡しました。
ギター好きの方にはチョーおすすめです。