11.8.6サマーキャンプ

先週の稽古

投稿者:松原隆一郎@総本部

 8月6,7日、那須塩原駅下車黒羽体育館にて、関東各地区の合宿稽古を行いました。宿舎はホテル花月とあと三カ所に分かれました。170名ほど、うち一般黒帯が20名足らず、ビジネスマンは計105名の参加でした。

 本部ビジネスマンだけで20人が参加です。

 6日は14:30より、4班(一般の黒と級、ビジネスマンの黒と級)に分かれて、打撃飯村、打撃加藤、立ち組み基本or上級、寝技基本or上級のうち二つを受講しました。

 そののちに、スパー。一般は1.5分、ビジネスマンは1分です。10本ほどやりました。

 私は森支部長と組んで立ち組み基本コースを担当しました。柔道の投げ、首相撲の投げに共通するものとして「崩し」の概念を説明し、それが打撃を加えながらもできることを示しました。
 
 柔道組みだと、引き手をバック肘の要領で掲げて自分の額に付け、腰を入れて投げます。面白いのは前手のフックで、これで受け手にガードさせると受け手は下半身と上半身が捻れますので崩れています。そこに大外刈が有効になります。

 夜は二段以上が幹部懇親会となりましたが、森支部長の司会が(飲めない酒のせいか)絶好調でした。指導といい、新たな面を光らせていました。

 しかし森支部長が布団に入った寝入りばなを塾長が我々を連れて襲い、起こして深夜二時半まで宴会を行いました。「僕の布団をどうしてくれるんですか」と泣き顔の森支部長。しかし携帯画面で娘さんの写真を「日本一かわいいでしょ」と全員に見せつけ始めてから目がランランと輝かし始め、それを合図のようにして、お開きとなりました。

 私は昇段審査のすべての組み合わせを完了。吉祥寺の小野亮さんが「俺に相手させろ」とうるさいので、準優勝の魚津礼一選手に当てておきました。

 翌日のランニングは、放射線量の加減で自己責任にて行いました。40人が走りました。ご苦労様。

 稽古は、各班が残りの二つのコースを受講。

 その後、いよいよ審査です。皆さん、暑い中をご苦労様でした。

 体育館で解散しましたが、外に止めてある車を見たら、イホリ沢さんのミニクーパーの後部窓が吹っ飛んでいました。どうやら熱さでボンベが爆発したようです。ガラスが粉みじんになっていました。
 
 私は塾長の車で、清水和麿さんの運転で帰りましたが、途中高速で事務局長が、清水さんの目が閉じているのを発見。塾長と交代しましたが、そのあとゲリラ豪雨。車両火災で渋滞と、3時間半かかりました。

 しかしイホリ沢さんのミニクーパー、孫さんが同乗していましたが、後ろの窓なしにあのゲリラ豪雨と渋滞をどう凌いだのでしょうか・・恐ろしくて、電話する気になれませんでした。無事であることを祈っております・・・ 😮